質よりも数を重視

人間は数ではなく質であることは当然なのですが、仕事の場合には決してそのようなことはありません。
確かに社員の質も大切なのですが、数の力はそれ以上に大切なのです。
よく経営コンサルティング会社に寄せられる相談で、ある程度慣れてくるとすぐに辞めてしまう人が多いという内容がありますが、なぜだか考えたことがあるでしょうか。
その理由は、ある程度慣れてくると、膨大な量の仕事をその人に押し付けることが多いからです。
特に人数が少ない中小企業では、1人に押し付けて、周りは早めに帰ってしまうということもよくあります。
これでは多少給料がよくても納得できないのは当然でしょう。
このようなことをすれば疲労が溜まり、精神的にもまいってしまうので、すぐに辞めていく人が多いのですが、そんな時にはもう1人雇うのが最も良い方法です。
そして小さな会社であれば、1つのことだけを行わせるのではなく、忙しいところを手伝えるような指導も必要なのですが、こういった対策ができていない企業が多くなっています。
的確なコンサルティングをリブコンサルティングなどの経営コンサルティングから受けることで、客観的に自社を分析することも一つです。