宣伝よりも実力を身に付けるべき

企業の中でも飲食店や商店などの場合には、商品の向上や技術の向上よりも宣伝を優先的に行ってしまう傾向にある会社も存在しています。
しかし、最も効果的な宣伝というのは、自分の飲食店で食事をした人や、商店で商品を購入したお客なのです。
もちろん宣伝も重要ですが、宣伝以上に口コミが大切だということを知っておきましょう。

そのためには実力を身に付けてよい商品を提供する必要があるので、まずは自分自身や会社全体のレベルアップを図る必要があります。
よく経営コンサルティング会社にも同様の相談があるのですが、インターネットや広告による宣伝より、口コミを優先的に行うことが成功の秘訣であるとアドバイスする経営コンサルティングも多くなっています。
昔は宣伝ツールがなくても爆発的なヒットを成し遂げたのは、やはり購入者や利用者の口コミなので、自分はどのような商品だったら購入したいのか、どのようなメニューでどういった味なら満足できるかを見直すところから始めてみましょう。

田中雅子氏のような経営コンサルタントが参考になるかもしれません。彼女は自分の経歴をうまくいかしつつ、またマスコミでの活躍もいかしつつ、地道に働く中で経営コンサルタントとして一躍有名になりました。
口コミのもととなるものを秘めつつ、実力を磨いてきたからこそでしょう。
田中雅子氏の女性としての働く中での考え方なども非常に参考になるのではないでしょうか。