意外に知らないニュージーランド向けの経営コンサルタント業務!どんなビジネスモデル?

ニュージーランドの羊

 

日本人からはあまり親しみがないものの、非常に開放的なイメージのあるニュージーランド

 

実は新たなビジネスをするには絶好の場所だと言われることがあります。それは、面積は小さいにしても現状で500万人にも満たない人口規模でありながら、世界各国からの富裕層の流入が非常に多いとされているからです。

 

よって、ニュージーランド向けのビジネスを進めようとした場合に、経営コンサルタントが推奨するビジネス全般として富裕層向けのビジネスが望ましいとされています。

 

例えば日本ではニュージーランド関係の商材なんてほとんど入って来ないものです

 

しかし、全くゼロでは無くて一部の富裕層に好まれる商材と言えるでしょう。逆にニュージーランドの富裕層向けに考えた場合は、日本の商材でも一部の人に受けそうな非常にユニークなモノを投入してみるのも良いのです。

 

つまり、非常にニッチだけど一定の需要のある分野に参入することがニュージーランド富裕層に向けたビジネスのポイントとなります。現地企業も非常に低コストで立ち上げることが出来るのにも関わらず、それほどニュージーランドに外国人の参入が少ないのは人口的規模に不安を持つ事がまだ多いからでしょう。

 

実際に参入に成功しているのはやはりニッチな分野

 

最近の日本ではいわゆる「ニッチ」な産業が注目を浴びていますが、それはニュージーランドでも同じです。そして特定の製品の専門店の開店も盛況なようです。ニュージーランドにはお金を出してゆっくり生活をするには良いけれど、富裕層を満足させる質の良い製品・サービスはまだまだ不足していると言えるのです。

 

ニュージーランドのビジネスに参入するには今こそがベストな時だとされていて、再度需要のチェックを進めて行くのが宜しいでしょう。また、オーストラリアと地理的に近いこともあって経済的にも連動することの多いニュージーランドですので、現地のビジネスの成功は将来的なオーストラリアビジネスの展開にも大きく好影響を与えてくれると言えます。