最近は会計事務所や税理士事務所も経営コンサルタントとして活動することも多い?

c220233ef2c7927f47260affe01d8a72_s

多様化するコンサルタント業務

 

一般的に経営改善指導を行う経営コンサルタントですが、近年では多様化の一途を辿っており、最近では会計事務所や税理士事務所も積極的にコンサルタント業務へ参入しています

 

彼らの本質は財務資料を見て企業の経済状況を判断することになりますので、言ってみれば本来業務と呼ぶことも出来る分けです。

 

Continue reading

メール1通2分以内、情報処理能力が求められる

社長からのメールをもらったことがありますか?近年ネット環境の整備が急速に進む中、経営者の若返りも進んだことで、多忙なトップが自らメールを書く機会も増えているそうです。
経営トップに限らず、作家、経営コンサルタント、売れっ子の弁護士など、大物から届くメールは例外なく短いものです。
しかし、経営トップのメールが短いのは当たり前なのです。現代のビジネスマンは、短い時間のうちに数多くの仕事を並行してこなさなければなりません。メール1通に時間をかけていられないのが実情なのです。地位が上がれば上がるほど、忙しくなるのですから。

プレジデント誌の調査によると、年収1500万円以上のビジネスマンのうち実に24%が毎日51通以上のメールを読み、3分の1が11通以上のメールを出しています。否が応でも効率的な受発信をしないと、本業に差支えてしまいます。
そのためか、15%の人がメール1通書くのに「2分以下」しかかけていないそうです。こと経営コンサルタントについて言えば、優秀な人ほど複数の顧客先を分単位で訪問し、移動時間にメールをしたり資料を作成したり社内と連絡をしたりします。

経営コンサルタントの田中雅子氏も、「1分1秒はとても重い」と述べています。「君のメールは、僕の時間を奪っている」という言葉を聞いてはっとした田中雅子氏は、時間管理を徹底するようになったようです。(第26回の記事参考)

情報処理能力の1つに「スピード」が挙げられるのは仕事の出来を左右する必須要素と言えるかも知れません。

宣伝よりも実力を身に付けるべき

企業の中でも飲食店や商店などの場合には、商品の向上や技術の向上よりも宣伝を優先的に行ってしまう傾向にある会社も存在しています。
しかし、最も効果的な宣伝というのは、自分の飲食店で食事をした人や、商店で商品を購入したお客なのです。
もちろん宣伝も重要ですが、宣伝以上に口コミが大切だということを知っておきましょう。

そのためには実力を身に付けてよい商品を提供する必要があるので、まずは自分自身や会社全体のレベルアップを図る必要があります。
よく経営コンサルティング会社にも同様の相談があるのですが、インターネットや広告による宣伝より、口コミを優先的に行うことが成功の秘訣であるとアドバイスする経営コンサルティングも多くなっています。
昔は宣伝ツールがなくても爆発的なヒットを成し遂げたのは、やはり購入者や利用者の口コミなので、自分はどのような商品だったら購入したいのか、どのようなメニューでどういった味なら満足できるかを見直すところから始めてみましょう。

田中雅子氏のような経営コンサルタントが参考になるかもしれません。彼女は自分の経歴をうまくいかしつつ、またマスコミでの活躍もいかしつつ、地道に働く中で経営コンサルタントとして一躍有名になりました。
口コミのもととなるものを秘めつつ、実力を磨いてきたからこそでしょう。
田中雅子氏の女性としての働く中での考え方なども非常に参考になるのではないでしょうか。

質よりも数を重視

人間は数ではなく質であることは当然なのですが、仕事の場合には決してそのようなことはありません。
確かに社員の質も大切なのですが、数の力はそれ以上に大切なのです。
よく経営コンサルティング会社に寄せられる相談で、ある程度慣れてくるとすぐに辞めてしまう人が多いという内容がありますが、なぜだか考えたことがあるでしょうか。
その理由は、ある程度慣れてくると、膨大な量の仕事をその人に押し付けることが多いからです。
特に人数が少ない中小企業では、1人に押し付けて、周りは早めに帰ってしまうということもよくあります。
これでは多少給料がよくても納得できないのは当然でしょう。
このようなことをすれば疲労が溜まり、精神的にもまいってしまうので、すぐに辞めていく人が多いのですが、そんな時にはもう1人雇うのが最も良い方法です。
そして小さな会社であれば、1つのことだけを行わせるのではなく、忙しいところを手伝えるような指導も必要なのですが、こういった対策ができていない企業が多くなっています。
的確なコンサルティングをリブコンサルティングなどの経営コンサルティングから受けることで、客観的に自社を分析することも一つです。

社員の声を聴かない経営者はダメ

大手企業では人数が多く、支社や工場など色々あるので、社長の声が社員に届かない、社員の声が社長に届かないということがありますが、中小企業は通常本社のみとなっていることが多いため、社員の声が社長に届かなかったり、社長の声が社員に届かないということはありません。
そんな中小企業で最も多いのは、社長の声は届くけれど、社員の声が届いていないという点です。
社員の声をしっかりと受け止めることができない中小企業は、社員が付いてこない場合や、社長が間違ったことをしても誰も指摘しないという状態になるので、当然経営がうまくいくはずがありません。
特に近年は未経験者を育てられない中小企業が増えているので、このような会社には誰も就職しようと思わないのが当然です。
その結果、待遇をよくして人件費の無駄遣いをする結果になってしまうのですが、日本は中小企業で持っているといっても過言ではないので、経営者がしっかりするように、経営コンサルティング業者ではアドバイスすることも多くなっています。
Golfな女性たち GOLF WOMAN SPECIAL Vol.12 田中雅子さんのように非常に柔軟な思考ができる人が企業経営には向いているかもしれません。