現在は国内・外資系を問わずに経営コンサルタントの他社による引き抜きが盛ん!

カンガルーパンチ!

生き残りをかけた戦い!

迫り来る業界再編の嵐!!コンサルタントもサバイバルの時代

ここ10年ほどは各業界の大手企業により中小企業M&Aが非常に活発に行われていることもあって、著しく業界再編が進んでいる傾向にあります。それと同時に経営者や執行役員の引き抜きなどが、各企業の生き残りをかけて頻繁に行われているのも事実です。

 

いわゆる経営コンサルタントの業界に関しても決して例外ではなく、国同士の垣根を越えてヘッドハンティングされる職種の1つだとされます。しかし、日本の経営コンサルタントが外資の経営コンサルタントとして引き抜かれるケースはまだまだ少なく、英語力の問題もありますが欧米の仕事の進め方について行ける人材が少ないことが大きな原因でしょう。

 

Continue reading

最近は会計事務所や税理士事務所も経営コンサルタントとして活動することも多い?

c220233ef2c7927f47260affe01d8a72_s

多様化するコンサルタント業務

 

一般的に経営改善指導を行う経営コンサルタントですが、近年では多様化の一途を辿っており、最近では会計事務所や税理士事務所も積極的にコンサルタント業務へ参入しています

 

彼らの本質は財務資料を見て企業の経済状況を判断することになりますので、言ってみれば本来業務と呼ぶことも出来る分けです。

 

Continue reading

専門のコンサルタントに相談する

経営がうまくいかない場合に利用することが多い経営コンサルティング業者ですが、どこの経営コンサルティング業者に相談してもよいというわけではありません。やはり専門の知識を持ったコンサルタントが在籍している経営コンサルティング業者でなければいけないのですが、社員でもやはり専門職の人がいるように、経営コンサルティング業者にも専門の知識を持った人がいます。

Continue reading

企業のニーズに合わせた市場調査

経営コンサルティング業者を選ぶときに重要なことは、企業のニーズに合わせた市場調査ができるかという点です。企業の場合には同じような業種であっても、作っている物が違っている場合も多いですし、全く同じ物を作っていても、全て同じというわけではありません。
よって企業が経営に困ったときや、何か迷っているときには、企業のニーズに合わせてアドバイスや市場調査ができないと企業の経営再建はできないのです。もちろん企業側からもいろいろな要望をいうことも可能ですが、大半の企業は経営コンサルティング業者に全て任せてしまうことが多いでしょう。
なぜなら自分で全て提案できるようであれば、経営コンサルティング業者に頼ることはないからです。人には得手不得手が必ずあるので、自分が経営している業種と同じ分野の知識を持っている人でなければ、当然よいアドバイスや対策、市場調査などができないのは当然だと言えるでしょう。このような情報も現在ではインターネットで検索が可能です。

技術力と給料のバランス

現在の企業は年功序列や学歴重視から実力重視に切り替わっています。昔はよい学校を出て大手企業に就職すれば安泰と言われていましたが、近年では学歴や年齢に関係なく、仕事のできる人が出世して、仕事のできる人を優先的に採用するような時代になっています。人材を公平に評価して、技術力に応じた給料を支払うという会社も増加傾向にあるのです。
このような評価制度を盛り込み、実力のある人は昇給の金額やボーナスの金額を上げることによって、社員のやる気を向上させる会社も増加しているものの、まだかなり数が少なくなっています。また、しっかりと社員を評価するためには、経営コンサルティング業者に相談して、どのような評価制度を導入するのかアドバイスをもらわないといけないと考える経営者もいます。
評価制度は技術力と給料がしっかりとつりあっていることが重要なので、仕事ができるのに給料が安い、仕事ができないのに給料が高いということではいけません。しっかりとバランスが整っている会社が今後は伸びていくでしょう。