技術力と給料のバランス

現在の企業は年功序列や学歴重視から実力重視に切り替わっています。昔はよい学校を出て大手企業に就職すれば安泰と言われていましたが、近年では学歴や年齢に関係なく、仕事のできる人が出世して、仕事のできる人を優先的に採用するような時代になっています。人材を公平に評価して、技術力に応じた給料を支払うという会社も増加傾向にあるのです。
このような評価制度を盛り込み、実力のある人は昇給の金額やボーナスの金額を上げることによって、社員のやる気を向上させる会社も増加しているものの、まだかなり数が少なくなっています。また、しっかりと社員を評価するためには、経営コンサルティング業者に相談して、どのような評価制度を導入するのかアドバイスをもらわないといけないと考える経営者もいます。
評価制度は技術力と給料がしっかりとつりあっていることが重要なので、仕事ができるのに給料が安い、仕事ができないのに給料が高いということではいけません。しっかりとバランスが整っている会社が今後は伸びていくでしょう。